夏休み練習記 vol.1 ~OAKLEY SUTRO &MONTON ワンピース インプレッション~

長かった梅雨もやっと明け、ついに夏が来た。

クラーが一日中かけられていて温度調節されていた予備校にこもっていた去年の夏とは打って変わり二年ぶりの夏の暑さはまだ慣れていないこともあってすぐに体にくる。

 

そんな暑さの中でもモチベーションを保てるようにできる限り練習日記をつけていこうと思う。

ふと思えば陸上部だった中学校の時、周りは全国クラスが多かったシチュエーションでそこそこ戦えていた時もこまめに記録を取っていた。

そのときは年齢的な問題もあったが陸上という競技柄、記録を取るにもとることができず、頼りになるのはタイムと自分の感覚だけだった。つまり記録も自分のフィーリングが中心だった。しかしロードレースは陸上と違って心拍、ケイデンス、斜度...etcと様々な角度から分析が可能だ。

 

 

 

8月4日 晴れ 36℃(サイコン読み)

スーパーサイクルエンデューロが終わってから昨日まで大量の大学の課題に終われていてなかなか練習時間が取れていなかったがひと段落ついてきて夏休みが見えてきたのでやっと練習を再開できた。

久しぶりに走るということもあったので今日のテーマは暑さへの順応とペダリングの意識。

 

先日rapha cycling club の相良さんのブログを見てハイケイデンスとローケイデンスを意識する練習がよさげだったので試してみることにした。

note.com

 

往路はハイケイデンス、復路はアウタートップのローケイデンスで力まないように走ることを心掛けた。

 

信号があったことも影響しているが実際にやってみるとハイケイデンス(120rpmが目標)はかなりつらかった。たぶん五分ももっていない。

一方で復路のアウタートップ、50rpmくらいで力まずに走るのはやりやすかった。

52-11のギア比でも力まずに走ればしっかりとスピードに乗っていくのがよくわかる。そこまで力を入れてないのに38~40km/hまで上がっていく。

今後の課題は回転力。

 

折り返し地点にマツムシコーヒーというカフェがあるのでそこによろうと思っていたものの定休日で行けなかった。残念。

 

練習日記は以上!

f:id:sneakattackersangalearner:20200804141530j:plain

田舎

 

                    *

                                                                         *

                                                                         *

こっからはインプレ

 

先日知り合いからOAKLEYのsutroを格安で譲ってもらった。

SUTROはどこの練習会にいっても誰かしらは持っているジョーブレーカーとは違ってまだ割と新しいモデルであまり人と被らない。

 

f:id:sneakattackersangalearner:20200804142115j:plain

 

あとジョーブレとかフライトジャケットみたいに複雑な機構もないシンプルなつくりなので軽い。

同じオークリーのフライトジャケットprizm low lightも持っているがそっちはかなり明るいレンズなのに対してこのスートロのレンズはかなり暗め。

prizm low lightがめちゃくちゃよかったこともあっていままでフライトジャケットばっかり使っていたがやはり今日みたいな日差しが強い日は暗いレンズの方がよかった。

 

あとは視界がほんとに広い。フライトジャケットと違ってレンズ上部にもフレームがあるがそれを感じないくらい広い。

 

それからこいつにはテンプル部分のゴムがなくプラスチック部分で耳にかけることになるが汗をかくとどうしても前にずり落ちてくることがあった。

そこでアマゾンで適当なストッパーはないかと思い下の商品を買った。

 

 

f:id:sneakattackersangalearner:20200804143157j:plain

これを取り付けてからはずり落ちることもなく快適に使えている。

ずり落ちるのが気になっている人にはコスパもいいのでおすすめだ。

 

 

 

つづいてMONTONのワンピースについて

 

いままでいろいろなサイクルジャージを使ってきたがワンピースを使ったのは初めてだった。

f:id:sneakattackersangalearner:20200804144729j:plain

 

結論から言うと非常に良い。こんなに快適なのかと思った。

 

まず一番良かったことはビブショーツと違って肩ひもがないことで長い時間走った後の方の疲労感が全然ないことだ。

二番目によかったのは上半身がダボつかないこと。

下半身と上半身が一体になっていることでしわが全然つかない。

しわはかなり空気抵抗になることを考えると快適さと空気抵抗の削減の一石二鳥である。

 

一方で気になった点もある。

まずほとんどのジャージが右、真ん中、左という風に三つに分かれているポケットを採用していることに対して、このワンピは左右のに分割式だ。

試合の時は基本的に補給食を入れるために使うのでむしろこっちの方が使いやすい。しかし練習で使うとなると補給食に加えてスマホや財布も背中のポケットに入れることになる。そうするとタイトな気心地なのも相まってポケットがパンパンになる。

これはもともとワンピはどちらかというと試合用、決戦用のウェアであることを考えるとしょうがないのかもしれない。

 

しかし促販キャンペーンで8000円弱の値段で購入して使えていることを考えると非常にコスパがいいし実際に決戦用でオーダーしてもいいかなと思える良さだった。

 

ワンピースのほかにも以前からここのメーカーのエアロソックス(約2000円)を使用しているがエアロ効果は感じないものの履き心地がよく、最近はそればかり使っているのでおすすめ。

ワンピースの促販キャンペーンは終わっているがソックスやグローブなどの測範キャンペーンは続いているようである。⇓

 

shop.sportskid.jp

 

 

 

 

なんかMONTONの回し者みたいなインプレになったところで今回はしゅーりょー☆